日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/06/2014 04:28 PM


 ヤマハ発動機のインド子会社ヤマハ・モーター・インディア・セールスが2日発表した同社の2月の販売台数(輸出含む)は、前年同月比32.5%増の4万2,548台と大幅に増えた。

 ヤマハ・モーターは「ラインアップの強化を進めたことや、2月に開催された自動車見本市『第12回オート・エキスポ2014』での新型車種の発表、顧客満足度の向上に的を絞った販促活動が寄与した」とする見方を示した。同社は同見本市でオートマチックタイプのスクーター「アルファ(113cc)」を発表している。

 ロイ・クリアン副社長(販売・マーケティング担当)は「2月は当社が好調だっただけでなく、二輪車業界全体に追い風が吹いたことで業績を押し上げる結果となった」と述べた。

 今後の需要見通しについては、政府が2月中旬に発表した2014年度暫定予算で、二輪車を含む自動車にかかる物品税の税率引き下げを発表したことを踏まえ「業界全体で販売台数の上積みを期待したい」と表明。「新車種の投入や既存車種の改良を進め、顧客満足度をさらに高めるための努力を続けていく」と意気込みを語った。

3/2/2014


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24865

トラックバック一覧(0)