日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/06/2014 03:33 PM


 圧縮した空気(圧縮空気)を動力とするオートバイをインドの2人の学者が共同で開発した。「インド版ギネスブック」に位置付けられる「リムカ・ブック・オブ・レコーズ」から「インド国内で初めて開発された圧縮空気で走行するバイク」として認定を受け、同ブックの2014年版に掲載されることが決まっている。

 開発したのは経営科学研究所(School of Management Sciences)機械工学部のバーラト・シン教授とハルコート・バトラー技術研究所のオンカール・シン教授。

 同オートバイは5.5馬力で走行、エンジンの直径は4インチ。バーラト・シン氏によると、1回の圧縮空気の補充で40分間の走行が可能という。

 昨年5月にはプラナブ・ムカジー大統領に直接お披露目する機会があり、ムカジー氏は同バイクを高く評価。商業生産に着手することを強く推奨した。

 リムカ・ブック・オブ・レコーズは「リムカ」ブランドの商品を製造販売していたバーレ・グループが1990年に発行を開始。同ブランドをコカ・コーラ・インディアが買収して以来、同社が発行を引継ぎ、現在も継続している。14年版は来月中に出版される予定。

1/15/2014


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24813

トラックバック一覧(0)