日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

01/06/2014 01:58 PM


 商用車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)傘下でスポーツ多目的車(SUV)を主に生産販売する韓国・双竜自動車が2日発表した2013年(1-12月)の世界全体の販売台数は、前年比20.7%増の14万5,649台だった。02年以来、11年ぶりの高い水準となった。販売台数が増加したのは4年連続。

 韓国国内の販売台数は34.1%増の6万3,970台、輸出は11%増の8万1,679台と初めて8万台を突破し、過去最高を更新した。これまでの最多は11年の7万4,350台。スポーツ多目的車(SUV)「コランドC(海外での名称はコランド)」が中国やロシアで好調だったことが寄与した。

 車種別の販売台数はコランドCが23%増加し全体の74%に達した。「コランド・ツーリズモ」は637%増、中型SUV「レクストン」は36.3%増となったのをはじめ、すべての車種で12年の実績を上回った。

 双竜は13年の業績が好調だった理由について「モデルチェンジなどを通じて消費者のニーズを取り込むことに力を注いだことが奏功した」と分析している。

1/3/2014


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24742

トラックバック一覧(0)