日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

12/20/2013 12:04 PM


 米ゼネラル・エレクトリック(GE)傘下の英医療機器メーカー、GEヘルスケアのインド法人GEヘルスケア・インディアは13日、保育器の新製品「Lullaby Warmer Prime(ララバイ・ウォーマー・プライム)」と「Lullaby Resus Plus(ララバイ・リサス・プラス)」を発表した。来月からの発売を予定している。

 両製品は同社がカルナタカ州バンガロールに持つ研究開発施設「ジョン・F・ウェルシュ・テクノロジー・センター」で開発を手がけた。価格は同社が現在販売する既存品と比べて20-40%割安に抑えた。国内での販売に加え、東南アジアやアフリカ、南米などにも輸出する計画。

 GEヘルスケア・インディアの幹部によると、同社は1月からこれまでに10種類の製品を発売。今後2-3年でさらに100の製品を市場に投入する計画を立てており、これに合わせ年15-20%の成長を目標に掲げている。

 同幹部によると、保育器の国内市場は年1万2,000-1万4,000台。インドでは毎年2,700万人の新生児が生まれており、同社ではさらなる市場の拡大に期待を寄せている。

 GEがバンガロールに持つ工場は年間5,000台の保育器を製造する能力を持つという。


12/13/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24665

トラックバック一覧(0)