日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

12/09/2013 05:52 PM


 独自動車大手ダイムラー傘下のメルセデス・ベンツはこのほど、インドで2人乗りタイプのスポーツカー「SLK 55 AMG」を発売した。インド市場で自社のハイエンド車種の品ぞろえを強化する戦略の一環として投入した。

 メルセデスが今年に入りインドに投入するモデルとしては8番目となる。

 SLK 55 AMGは5.5リットルのV型8気筒ガソリンエンジンを搭載。最高時速は250キロメートルで、時速100キロメートルには4.6秒で到達する。燃費はガソリン1リットル当たり11.9キロメートル。国内での販売価格は1,260万ルピー。

 メルセデスは今年に入り、インドで小型車の「Aクラス」や同「Bクラス」のディーゼル車、スポーツ多目的車(SUV)の「GLクラス」を発売するなどラインアップの拡充を加速させている。今回発売したAMGシリーズからも既に「G63」「E63」の2車種を発売している。

 メルセデス・ベンツ・インディアのエバーハルト・カーン社長兼最高経営責任者(CEO)は「国内自動車市場が長期にわたり低迷する中、当社は今年度、これまでに32%の増収を達成している」と述べ、好調な業績を受け、今後の事業展開に自信を示した。

12/3/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24610

トラックバック一覧(0)