日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

11/15/2013 04:15 PM


 独スポーツ用品大手プーマはこのほど、インド国内での7-9月期の業績について、アジア太平洋地域で唯一前年同期を上回ったと発表した。

 プーマの7-9月期のアジア太平洋地域での売上高は前年同期比18.2%減の1億7,400万ユーロ(約230億円)と大きく落ち込んだ。昨年の7-9月期の売上高は2億1,200万ユーロだった。

 一方、インド国内ではシューズやウエアなどの「ランニング事業」とTシャツやバックパックなどの「ライフスタイル事業」が好調で、同地域で唯一、前年実績を上回る売り上げを記録した。プーマは国・地域ごとの売上高を明らかにしていない。

 アジアでの前期の業績が低調に終わったことについて、7月1日付で就任した独本社のビヨン・グルデン最高経営責任者(CEO)は「今は厳しい状況にあるが、プーマのブランド力は依然として強い。今後反転攻勢に出る」と述べ、巻き返しに向け意欲を示した。

11/8/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24526

トラックバック一覧(0)