日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/16/2013 02:41 AM


 大手家電や農機メーカーなどが今年、農村部での販売拡大に期待を寄せている。今年はモンスーンの降水量が例年を上回った影響で農作物の収穫が豊作となっており、所得が増えた同地域の住民による耐久消費財の購入が増えることが予想されるためだ。各メーカーとも都市部での不振を農村部で補う戦略を立てている。

 商用車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)は上半期の売上高が前年同期比で24%増加した。ラジェシュ・ジェジュリカール社長は、好調の原因について農産物の収穫量増加に加え「インド政府が農産品の買い付け価格である『最低支持価格(MSP)』を引き上げたことも農家の収入を押し上げる要因となっている」と分析する。

 大手家電や農機メーカーなどが今年、農村部での販売拡大に期待を寄せている。今年はモンスーンの降水量が例年を上回った影響で農作物の収穫が豊作となっており、所得が増えた同地域の住民による耐久消費財の購入が増えることが予想されるためだ。各メーカーとも都市部での不振を農村部で補う戦略を立てている。

 商用車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)は上半期の売上高が前年同期比で24%増加した。ラジェシュ・ジェジュリカール社長は、好調の原因について農産物の収穫量増加に加え「インド政府が農産品の買い付け価格である『最低支持価格(MSP)』を引き上げたことも農家の収入を押し上げる要因となっている」と分析する。

 農機大手インターナショナル・トラクターズは今年に入りここまでの農機の売り上げが45%と飛躍的に増えた。LD・ミッタル会長は「所得が増加したことで農家の間で新たな農機に対する購買意欲が高まっている」と指摘する。

 家電業界でも見方は変わらない。パナソニックのインド法人パナソニック・インディアは今年度の農村部の売上高について前年度比40%増を目指す。同社では「祭事シーズンが始まったこともあり、農村部の消費者心理は上向いている。農村部の旺盛な消費が今年度の成長を押し上げる主因になる」との見方を示す。

 韓国LGエレクトロニクスのインド法人LGエレクトロニクス・インディアはパンジャブ、ハリヤナ、ウッタルプラデシュ、マディヤプラデシュ、チャッティスガルの各州の農村部で好調な販売を記録。サンジャイ・チトカラ氏(販売担当)によると「これらの州では農村部の売り上げが都市部を上回る勢いで増えている」という。

 日用品業界も農村部の消費動向に注目している。地場の大手ダーバル・インディアは地域別の売上高の内訳で農村部が5割近くに達している。ジョージ・アンゲロ取締役(販売担当)は「農村部でも所得の増加に伴い生活水準が向上していることで、都市部を追う形でブランド志向が高まっていることが背景にある」と話している。

10/12/2013農機大手インターナショナル・トラクターズは今年に入りここまでの農機の売り上げが45%と飛躍的に増えた。LD・ミッタル会長は「所得が増加したことで農家の間で新たな農機に対する購買意欲が高まっている」と指摘する。

 家電業界でも見方は変わらない。パナソニックのインド法人パナソニック・インディアは今年度の農村部の売上高について前年度比40%増を目指す。同社では「祭事シーズンが始まったこともあり、農村部の消費者心理は上向いている。農村部の旺盛な消費が今年度の成長を押し上げる主因になる」との見方を示す。

 韓国LGエレクトロニクスのインド法人LGエレクトロニクス・インディアはパンジャブ、ハリヤナ、ウッタルプラデシュ、マディヤプラデシュ、チャッティスガルの各州の農村部で好調な販売を記録。サンジャイ・チトカラ氏(販売担当)によると「これらの州では農村部の売り上げが都市部を上回る勢いで増えている」という。

 日用品業界も農村部の消費動向に注目している。地場の大手ダーバル・インディアは地域別の売上高の内訳で農村部が5割近くに達している。ジョージ・アンゲロ取締役(販売担当)は「農村部でも所得の増加に伴い生活水準が向上していることで、都市部を追う形でブランド志向が高まっていることが背景にある」と話している。

10/12/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24394

トラックバック一覧(0)