日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/04/2013 01:35 PM


 日用品大手ゴドレジ・コンシューマー・プロダクツ(GCPL)はアフリカでの生産拠点を増やす。第1弾として、ウガンダとタンザニアに新工場を設ける。アディ・ゴドレジ会長がこのほど、地元紙の取材に対し明らかにした。

 ゴドレジは海外事業の強化を目指しており、中でもアフリカを同社の「成長エンジン」として位置付けている。

 ゴドレジは現在、アフリカでは南アフリカ共和国(南ア)、モザンビーク、ケニア、ナイジェリアの4カ国に工場を持つ。いずれも現地企業を買収するのに伴いこれらの企業が保有する工場も同時に取得した。ウガンダとタンザニアでも同じ手法を採用する方針で「現在複数の企業と交渉を進めている」(ゴドレジ氏)という。

 ゴドレジの4-6月期のアフリカ事業の売上高は21億4,000万ルピーで、海外全体の25%と4分の1に達している。

10/3/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24353

トラックバック一覧(0)