日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/03/2013 03:13 PM


 政府は繊維起業の起業を支援するため、10億ルピー規模の基金を新たに設立する。斬新な発想を事業化に結びつけることをサポートし、繊維産業のさらなる発展につなげたい考えだ。

 インド小企業開発銀行(SIDBI)傘下のSIDBIベンチャー・キャピタルと共同で11月をめどに設置する計画。基金は国家製造業競争力委員会(NMCC)が発案したもので、繊維省も支援する意向を表明している。

 計画委員会の幹部によると、10億ルピーのうち、初期段階では政府が3億5,000万ルピー、SIDBIベンチャー・キャピタルが1億5,000万ルピーをそれぞれ拠出する見通し。残りについては第12次5カ年計画(12年4月-17年3月)中に、資金需要を見極めながら提供する方針としている。計画委員会は基金への資金の拠出を行わない方針。

 繊維産業は国内総生産(GDP)の4%、輸出額の17%を占め、インドの主要産業の一角を形成している。

10/2/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24341

トラックバック一覧(0)