日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/01/2013 04:25 PM


 銀行員でつくる全国規模の労働組合「全インド銀行員組合(All India Bank Employees' Association)」のCH・ベンカタチャラム事務局長は9月29日、ステート・バンク・オブ・パティアラ(本店・パンジャブ州)が開催した会議に出席し「銀行口座を持たない人が全国で6億人に上る」と述べた。要因として銀行による農村部での支店開設が進んでいない点を挙げた。

 ベンカタチャラム氏はインド経済の現状について「インフレと消費の低迷により不振が続いている」と指摘。雇用についても「働く場は増えておらず、若者を中心に不安定な状況を生む結果となっている」とし、具体的な事例として政府が行政サービスに関する職を60万人分削減したことを挙げた。

 また、全国で2,000万人の女性が零細企業で働く中、「こうした女性たちの権利保護に向けて何ら政策を実施していない」と政府の姿勢を批判。新銀行設立に向けた事業免許付与に関しても「インド準備銀行(中央銀行、RBI)とともに大企業に優先的に免許を与えようとしており、まるで操り人形のよう」と非難した。

 銀行員の給与に関する新たな体系の導入に関しても「古い規定が昨年10月に失効しているにもかかわらず、いまだに新規定が決まるめどが立っていない」と述べ、不満をあらわにした。

9/29/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24321

トラックバック一覧(0)