日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/19/2013 08:36 AM


  独立行政法人国際協力機構(JICA)がチェンナイ・バンガロール産業大動脈とケララ州を結ぶ事業に関し、実現可能性調査の実施を検討していることが分かった。EM・ナトチアパン商工担当国務相が15日、ケララ州商工会議所の幹部らが出席して同州コーチで開かれた会合で明らかにした。JICAは2カ月後をめどに報告書を提出する方針という。

 ナトチアパン氏は「産業大動脈の一部としてケララ州コーチとタミルナド州コインバートル、ケララ州ティルバナンタプラムとタミルナド州ティルネルベリを結ぶことは可能と考えている」と表明。全国の産業界の代表者たちで構成される専門の委員会を設置し、計画の実現に向けて一致団結するよう提案した。

 インドの製造業の現状については同氏は「付加価値の高い製品が増えたことで着実に成長を遂げており、零細・中小企業も力をつけてきている」との認識を示した。

 出席者からは価格の安い中国製品がアジア市場に大量に出出回っていることに懸念を示す意見が出たが、ナトチアパン氏は「品質が良く長持ちすることからアジアではインド製品に対する需要も年々高まっている」と述べ、心配無いとの見方を強調した。

10/15/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24405

トラックバック一覧(0)