日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

10/03/2013 04:01 PM


 地場の自動車大手タタ・モーターズが1日発表した9月の新車販売台数(輸出を含む)は、前年同月比33%減の5万427台だった。同社の業績はこのところ前年比で大幅な落ち込みが続いているが、先月もこの傾向に歯止めがかからなかった格好だ。

 乗用車の国内販売台数は40.51%減の1万2,879台。内訳は超低価格車「ナノ」、小型セダン「インディゴ」、ハッチバック「インディカ」の販売台数が計9,766台。スポーツ多目的車(SUV)「スモー」「サファリ」「アリア」、ワンボックスカー「ベンチャー」は合計3,113台となっている。

 商用車の国内販売は31.96%減の3万3,119台で、前年同月の4万8,680台から大幅に減少した。輸出は18.59%減の4,429台、昨年9月の5,441台から2割近く減った。


10/1/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24347

トラックバック一覧(0)