日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/30/2013 12:53 PM


 政府は27日、「ザラ」などのファッションブランドを展開するスペインの衣料品メーカー、インディテックスが提出していた、同社傘下の「マッシモ・ドゥッティ」の商品を国内で販売する計画を承認した。

 これを受けてインディテックスは同ブランドの衣料品や靴などを販売する。

 インディテックスは当初、オランダ子会社のザラ・ホールディングス(アムステルダム)とタタ・グループが展開するトレントとの合弁会社を通じてマッシモ・ドゥッティの商品をインド国内で販売する計画だったが、外国投資促進委員会(FIPB)は昨年7月、「国内法に順守していない」ことを理由に同社の申請を却下した。

 外国投資に関する法令は、外資系企業が単一ブランドの店舗を開業できるのは「自社が保有するブランドのみ」と定めている。マッシモはザラ・ホールディングスの親会社であるインディテックスが保有するブランドであるため、FIPBはザラ・ホールディングスが同規制を満たしていないと判断したとみられる。

9/27/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24317

トラックバック一覧(0)