日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/06/2013 02:03 PM


 宝飾品や腕時計を販売するイタリアの高級品ブランド、ブルガリ(ローマ)はインドで専売店の開業を目指している。これまでに財務省外国投資促進委員会(FIPB)に承認申請を提出済み。認可が下りれば、宝飾品や高級腕時計などを販売する計画。

 同社は過去にインド国内で事業を展開していたが、2011年4月に撤退した経緯があり、出店が認められれば再進出となる。

 FIPBの認可はまだ下りていないが、既にデリーの高級ショッピングモール「DLFエンプリオ」内に出店用スペースを確保した。また、関係者によると、出店に向けて地場企業と提携することで合意に達したという。同社はインド地元紙の取材に対しコメントを出していない。

 ブルガリは1884年の創業。当初は宝飾ブランドとして誕生したが、1970年代には腕時計の販売を開始。00年代以降は香水や眼鏡フレーム、皮革製品なども扱うようになり、業態の拡大を進めている。11年3月に株式交換の形でフランスのコングロマリット、LVMHモエ・ヘネシー・ ルイ・ヴィトンの傘下に入った。10年の売上高は10億6,000万ユーロ(約1,353億円)。従業員は10年の時点で約3,800人。

9/4/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24213

トラックバック一覧(0)