日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/06/2013 02:31 PM


 独BMWは3日、インドで小型車「1シリーズ」を発売した。同日にはマハラシュトラ州ムンバイで発表会が開催され、人気クリケット選手のサチン・テンドゥルカールさんらが発売を祝った。

 ガソリン車「BMW 116i」、ディーゼル車「BMW 118d」「BMW 118d スポーツ」「BMW 118d スポーツ・プラス」の4つのモデルを販売する。価格は209万-299万ルピー。

 生産は同社のチャカン工場(マハラシュトラ州)で手がける。同工場では現在、セダン「3シリーズ」、同「5シリーズ」、クロスオーバースポーツ多目的車(SUV)「X1」などを生産している。インド法人BMWグループ・インディアのフィリップ・ボンサール社長によると、すでに2つ目のラインが稼動しており、8車種の生産に対応できる状況にあるという。これにより年間の生産台数はこれまでの1万1,000台から1万4,000台に増えた。

 同社は年内をめどにさらに同工場の生産能力増強を計画。当初の投資額は18億ルピーだったが、ボンサール氏はこれを39億ルピーに引き上げる方針を明らかにした。

9/3/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24218

トラックバック一覧(0)