日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/26/2013 06:20 PM


 インド準備銀行(中央銀行、RBI)のKC・チャクラバルティー副総裁は24日、ビジャイ銀行がカルナタカ州マンジャ近郊で開催した会議に出席し、農村部で金融サービスの普及を強化する必要があるとの認識を表明した。

 チャクラバルティー氏は、全国60万ある村のうち現段階で銀行が支店を置くのは4万村にとどまる点に言及し「現在の設置状況は十分な水準に達しているとは言えない」と指摘した。

 その上で「政府もさまざまな施策を通じて指摘してきたように、銀行は日常生活を送る上で高い利便性をもたらす重要な存在」と強調。「農村部の住民一人ひとりが銀行口座を保有する状況が生まれることが望ましい」とし、「口座を持つことで預金や融資、送金といったサービスを利用できるようになり、人々の生活は大きく変化する」と語った。

9/24/2013 


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24304

トラックバック一覧(0)