日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/25/2013 12:49 PM


 自動車大手タタ・モーターズがジャムシェドプール工場(ジャルカンド州)の操業を26日から5日間停止する可能性があることが分かった。同社に近い関係者が明らかにした。

 国内自動車市場は長期にわたり需要の低迷が続いているが、中でもタタは前年同月の実績を大幅に下回る状況が続いており、他社に比べても販売不振が目立っている。

 実施すれば8月29-31日の3日間、先週の2日間に続き、1カ月で3度目の操業停止となる。今回の期間は26日から日曜日に当たる29日を除いた10月1日までの計5日間になる公算が高い。生産を停止している間、積み上がった在庫を圧縮するのが狙い。

 ある全国規模の労働組合の幹部は「景気の低迷に加え、大型商用車の販売不振が頻繁な操業停止の原因」との見方を示している。関係者によると、操業停止の計画は23日に社内で通知されたという。

9/23/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24285

トラックバック一覧(0)