日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/18/2013 06:09 PM


 米大手化粧品メーカー、エスティローダー(ニューヨーク州)傘下のブランド「ボビイ・ブラウン・コスメティクス」がインド事業の強化に乗り出す。専売店の数を増やし、向こう3年間でインド事業の売上高を500万米ドルに引き上げる。インド・欧州・中東・アフリカ事業を統括するマルタ・プリエト氏が地元通信社の取材に対し明らかにした。

 エスティローダーは1946年の創業で、多数のブランドを傘下に持つ大手メーカー。ボビイ・ブラウンは今年7月、専売店第1号を開業しインドに進出したばかり。ボビイはメーキャップ・アーティストのボビイ・ブラウン氏が1991年に口紅を扱う化粧品メーカーとして設立した。95年にエスティローダーに買収され同社傘下のブランドとなり、現在は口紅のほか、スキンケア製品やブラシなどを60カ国以上で販売する。

 新たな店舗はマハラシュトラ州ムンバイやカルナタカ州バンガロールに出店する計画。品ぞろえも拡充する方針で、6カ月をめどにインド市場向けに開発したカラー製品やアイシャドーなどを発売する計画を立てている。プリエト氏は「当社の商品はインド人女性の肌に最適だが、さらにきめ細かなニーズに対応した商品を投入する予定」と説明した。

 インド国内では現在、ボビイの全商品(950種類)を販売する。プリエト氏はインドに進出した理由について「新興国での成功を目指す企業ならインドを目指すのは当然のこと」と表明。インド事業の売上高について3年後には新興国の中で4番目程度の規模に成長するとの見通しを示した。

9/12/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24264

トラックバック一覧(0)