日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

09/24/2013 10:41 AM


 来年初めに開催される国内最大の国際モーターショー「デリー・オート・エキスポ」の概要が明らかになった。

 同モーターショーは2年に一度開催される。期間は2月5-11日の7日間。2月開催は1996年以来、18年ぶりとなる。

 会場はこれまでニューデリーの「プラガティ・マイダン国際展示場」のみだったが、同会場が手狭になったことから、一部をウッタルプラデシュ州グレーター・ノイダの「インディア・エキスポ・センター&マート」に移す。これにより会場の広さは前回12年の3万9,000平方メートルから4万8,000平方メートルに拡大する。プラガティ・マイダン国際展示場での期間は6-9日の4日間。

 展示内容はインディア・エキスポ・センター&マートが自動車および二輪車。一方のプラガティ・マイダンでは自動車部品を展示する予定。

 参加企業は前回の35社から41社に増える。いすゞ自動車や伊フィアット、米クライスラーなどが初めて参加する見通し。1日の入場者数は「7万-7万5,000人を見込む」(インド自動車工業会=SIAMのスガト・セン事務局次長)。入場券は11月から販売を開始する。会場のほか、チケット販売サイト「ブック・マイ・ショー」や首都デリーを走る都市高速鉄道(デリー・メトロ)などの駅でも発売する方針で、現在協議を進めている。

9/17/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24283

トラックバック一覧(0)