日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/29/2013 06:29 PM


 プラフル・パテル重工業相は27日、記者団に対し「自動車の売れ行き不振について懸念している。雇用にも影響が出ており、てこ入れしなくてはならない」と述べ、政府として販売の低迷が続く自動車業界への支援策を実施する必要があるとの認識を示した。

 重工業省はこれまでに財務省と自動車の販売台数回復に向けた施策の立案について協議を進めている。ただ、パテル氏によると、財務省は経常赤字がこれ以上膨らむことについて懸念を表明しているという。具体的な支援策の中身についてパテル氏は「財務省との兼ね合いもある」とし、詳細への言及を避けた。

 国内の自動車販売台数は7月に9カ月連続で前年割れを記録するなど底が見えない状態が続いている。インド自動車工業会(SIAM)は政府に需要喚起に向けた対策の実施を要請している。政府は金融危機の影響で販売が落ち込んだ2008年度に需要を下支えするため二輪車、小型車、商用車の物品税率を引き下げる措置を実施したが、SIAMは今回も同様の支援策を念頭に置いているとみられる。

8/27/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24174

トラックバック一覧(0)