日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/26/2013 06:26 PM


 ミネベアは正式にインドに進出した。ハリヤナ州グルガオンに100%出資の現地法人「NMBミネベア・インディア」を設立。自動車業界などに供給する精密部品を売り込む営業活動を開始した。

 ミネベアは1951年の設立。外径30ミリ以下の「ミニチュア・小径ボールベアリング」と呼ばれる機械加工部品に強みを持つ。中でもパソコンや自動車のモーター、家電製品などに使われる22ミリ以下の製品では世界市場で60%のシェアを握る。製品の80%を日本以外のアジアで生産しており、販売でも同地域が60%以上を占めるのが特徴。2012年度3月期の連結売上高は2,824億円、純利益は18億円。連結従業員数は約5万3,300人。

 これまではタミルナド州チェンナイに駐在員事務所を置いているだけだったが、インド法人を設立し本格的な事業展開に乗り出す。製品はシンガポール、タイ、中国にある工場から輸入する。グルガオンの本社のほかに、チェンナイとマハラシュトラ州プネに支社を置く。

 東南アジア総支配人の竹下浩一執行役員は「インドは当社にとり有望な市場。事業の拡大ともに多くの人材を採用し、インドの雇用環境の改善にも貢献したい」と語った。

8/22/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24145

トラックバック一覧(0)