日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/12/2013 06:35 PM


 二輪大手のヒーロー・モトコープはブラジル、コロンビア、メキシコの北・南米3カ国に工場を建設する。同社は現在、完全ノックダウン方式による組み立て工場を複数の国で運営するが、本格的な工場を設立するのは初めて。

 ヒーローはホンダとの合弁会社「ヒーロー・ホンダ」を運営していた時代には、ホンダとの合意内容に基づき、海外投資が厳しく規制されていた。だが11年の同社との提携解消後は、段階的に海外事業の強化を図っている。

 3工場のうち、コロンビア工場は2014年中ごろの完成を目指す。その後やや遅れる形で残りの2つの工場を完工させる。それぞれの国内市場に加え、周辺諸国にも輸出する計画を立てている。現在の二輪車の市場規模はブラジルが150万台と最も大きく、以下、コロンビアが60万台、メキシコが22万台となっている。 

 ヒーローの海外への輸出台数は現在小規模にとどまっており、現地生産の強化を通じて長期的には海外販売比率を10%以上に引き上げる方針。

8/8/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24096

トラックバック一覧(0)