日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/06/2013 05:24 PM


 信用格付会社ICRAは 国内の商用車の需要見通しについて、短期的には今後も低調な状態が続くとの予測を公表した。種類別では小型商用車の2013年度の販売実績が前年を下回る可能性が高いとしたが、その後は年率2桁増の成長を達成できるとの見通しを示した。

 国内商用車市場は09、10年度と2年連続で30%超の高い成長を記録したものの、企業の業績不振や設備投資意欲の減退などに伴い、11年度下半期(11年10月-12年3月)以降は低迷が続いている。 

 11年度全体の成長率は前年度比18.2%増と前年度から大幅に減速。翌12年度の販売台数は経済の低迷が響き前年度実績を割り込む結果となった。小型は14%増と大きく伸びた一方、中大型が23.2%減と落ち込んだことが影響した。

 小型商用車の4-6月期の販売は長引く景気の低迷が影響し、前年同期比で3.9%減少した。ICRAでは今年度は前年度実績を下回る可能性が高いが「中期的には11-13%増と堅調に推移する」との予測を示している。

8/4/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24057

トラックバック一覧(0)