日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/02/2013 02:01 PM


 韓国LGエレクトロニクスのインド法人LGインディアはケララ州で8月下旬から9月上旬にかけて開催されるお祭り「オナム」期間中に昨年の30億ルピーを15%上回る35億ルピーの売上高を目指す方針を明らかにした。同社は今年の同州での販売目標を70億ルピーに設定しており、その半分をオナム期間中に稼ぐ狙い。

 州内にある専売店や家電量販店などで、スクラッチカードで当たりが出るとLEDテレビや冷蔵庫、洗濯機、オーディオ機器などがもらえるキャンペーンを展開するなどして販売促進に努める。

 通期では国内全体で前年比約19%増の1,900億ルピーを販売目標に掲げている。

 このところの急激なルピー安の影響で価格に上昇圧力がかかっているが「内部での吸収に務め値上げ幅を極力抑えている」(サンジーブ・アガルワル販売部長)と、目標達成に自信を見せている。品目別では冷蔵庫で複数の新商品を発売し、売上高530億ルピーの達成を目指す。

 ライバルのサムスン電子はオナム期間中の販売目標を25億ルピーと、LGより10億ルピー低めに設定した。薄型テレビは5万台を販売する計画。通期の売上高に関して前年の2,700億ルピーから30-35%増の成長を目指す。

7/31/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24035

トラックバック一覧(0)