日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/15/2013 11:45 AM


 スウェーデンの大手家具チェーン、イケアがハリヤナ、マハラシュトラ、アンドラプラデシュ、カルナタカの4州に店舗を開業する計画であることが分かった。

 関係者によるとミカエル・オルソン最高経営責任者(CEO)は12日、アナンド・シャルマ商工相と面会し、4州での用地の取得を開始したことなど出店計画の概要を説明した。同社は4州のほかに、ウッタルプラデシュ州ノイダにも店舗を出すことを計画しているという。

 政府は5月2日、総額1,050億ルピーに上るイケアのインド事業に関する計画を承認した。1,050億ルピーという額は政府が昨年1月に単一ブランドを扱う外資系小売業による出資規制について、条件付で100%まで認める方針を決定して以来最大規模。

 イケアはインド進出に合わせてインド法人「イケア・インディア」を設立。最初の10年間で10店舗を出店するほか関連施設の整備を進め、その後さらに15店舗を開設する計画を立てている。

 イケアは過去25年間にわたり地場の業者から商品を調達してきたが、関係者によると、インド進出を機にさらに強化する方針。また、新商品の開発でインド国立大学や工芸品の職人などと提携するほか、職人を育成することも検討しているという。

8/12/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24114

トラックバック一覧(0)