日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/29/2013 06:24 PM


 地場の紳士服ブランド、ドン&フリオ・アパレルズ・ワールドワイド(マハラシュトラ州ムンバイ)のラメシュ・ジャイン社長はこのほど、国内ブランド衣料品市場の成長見通しについて「3年後に3,000億ルピー規模に達する」との予測を示した。若年層の所得の増加やこれまでは少なかった海外のブランド品に触れる機会が増えている点を要因に挙げた。

 国内の衣料品市場は現在、2兆4,500億ルピー規模。このうち大手アパレルメーカーは4500億-5,000億ルピーを占める。

 ジャイン氏は「大手のうちブランドものの販売額は推定2,000億ルピー程度」と指摘。その上で「今後は年率15%のペースで成長を続け、3年後の売上高は3,000億ルピーに拡大するだろう」と述べた。

 ドン&フリオは紳士服のほかにシャツやスラックス、ジャケットなど男性用衣料品の販売を行っている。

8/27/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24173

トラックバック一覧(0)