日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

08/02/2013 02:12 PM


 ボルボと地場の自動車メーカー、アイシャー・モーターズの合弁会社「VEコマーシャル・ビークルズ(VECV)」は7月31日、2014年末をめどに生産拠点の拡充を進める計画を発表した。総投資額は100億ルピーを見込む。

 具体的には現在進めているバス工場の建設工事や既存のトラック工場の拡張などを加速させる。

 31日にはマディヤプラデシュ州に完成したエンジン工場の第1期分を稼動させた。これによりVECVのインドへの投資額は08年の設立以来、累計150億ルピーに達した。来年末までの計画がすべて実現すれば、累計投資額は250億ルピーに達することになる。

 新エンジン工場は総投資額37億5,000万ルピー。欧州連合(EU)の排ガス規制「ユーロ6」に準拠したエンジンを年2万5,000基生産する能力を持つ。生産したエンジンはボルボのフランス工場に供給する。15年までに12億5,000万ルピーを投じて生産能力を年10万基にまで引き上げる計画を立てている。

7/31/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/24036

トラックバック一覧(0)