日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/25/2013 02:51 PM


 乳製品メーカーのバイシュノ・デビ・デリー・プロダクツ(マハラシュトラ州)は牛乳の生産能力を現在との比較で5倍強に増強する計画を発表した。2014年度までに1日当たりの処理能力を現在の30万リットルから160万リットルに増やす。総投資額は10億5,000万ルピーを見込む。

 バイシュノは脱脂粉乳や加糖練乳、「ギー」と呼ばれる澄ましバター、粉末ミルクなどを製造する。ギーはマハラシュトラ、グジャラート、ラジャスタン、アンドラプラデシュの各州で販売している。従業員は契約社員を含めて150人。

 生産能力の増強計画では、同州プネ近郊に持つ工場の能力を80万リットル強化するほか、アンドラプラデシュ州にある乳製品工場を買収する。

 また、ギーの需要が高まっていることを受け、2年後をめどにマディヤプラデシュ州に1日40万リットルの処理能力を持つ新工場を建設することも検討している。ギーに関しては、今後ジャンム・カシミール、パンジャブ、ハリヤナ、ウッタルプラデシュ、マディヤプラデシュ、西ベンガルなどにも販売地域を広げる意向を示している。

7/23/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23976

トラックバック一覧(0)