日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/12/2013 10:26 AM


 大手エンターテインメント企業ラシュ・ヤジ・フィルムズ(マハラシュトラ州ムンバイ、YRF)はサリーやブラウスなどを手がける婦人服メーカー、カロル・バグ・サリー・ハウス(ニューデリー、KBSH)との提携の下、ボリウッド映画から着想を得たファッションブランド「ディバーニ(Diva'ni)」を設立する。

 YRFはアディチャ・チョプラ会長の父親で映画監督・脚本家だった故ヤシュ・チョプラ氏が1970年代初頭に設立した。現在は映画製作に加え、テレビ番組の制作や音楽レーベルの運営など幅広いエンターテインメント事業を手がけている。

 ロヒト・ソブティ副社長(ライセンス・物販担当)は「YRFとボリウッド映画をこれまでより身近に感じてもらうための手段としてアパレル事業への参入を目指してきた」と表明。「映画製作を手がける会社によるファッションブランド設立は世界でもほとんど例がない」と強調した。KBSHについては「当社の事業目標を実現するうえで最適なパートナー」と評価した。

7/10/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23897

トラックバック一覧(0)