日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/12/2013 09:58 AM


 政府が韓国鉄鋼大手ポスコに対し、近く鉄鉱石の探鉱権の付与を認める方針であることが分かった。複数の政府関係者がロイター通信の取材に対し明らかにした。

 このうちの1人は「政府は1カ月後をめどにポスコに探鉱権を認める可能性が高い」と語った。

 ポスコは2005年、オリッサ州に120億米ドルに上る巨額の資金を投じて年産1,200万トンの能力を持つ大規模製鉄所を建設する計画に関し州政府と覚書を締結した。その後、土地の収用をめぐり地元住民や環境団体などの激しい反対運動に遭い、長らく着工すらできない状態が続いていたが、今月に入りようやく土地の収用を完了した。

 最高裁判所は5月、探鉱権の付与の是非について政府に判断を委ねる方針を決定、計画が前進することへの期待が高まっている。実現すれば、外資による国内への直接投資としては過去最大規模となる。

7/10/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23890

トラックバック一覧(0)