日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/05/2013 11:05 AM


 マルチ・スズキは2日、小型ハッチバック「スイフト」の特別仕様車「スイフトRS」を発表した。自動車販売の低迷が続く中、限定車の投入で需要の回復を目指す。

 マルチはスイフトから6種類のモデルを販売しているるが、今回出したのはガソリン車のうち「VXi」、ディーゼル車のなかの「VDi」の2つのタイプの特別仕様車。スタイリングに新たな趣向を凝らしているのが特徴。価格は通常モデルを2万4,500ルピー上回る水準に設定した。通常タイプのデリーでの販売価格はVXiが49万9,000ルピー、VDiが59万9,000ルピー。今月上旬よりマルチの全国の販売店で発売する。

 2005年5月にインド国内で発売して以来、スイフトの累計販売台数は約96万台に達している。モノアール・バート副社長(営業担当)はスイフトの特別仕様車発売について「累計販売台数100万台達成に向けたカウントダウン的な意味合いもある」と述べた。

 マルチの6月の国内販売台数は前年同月比7.8%減の7万7,002台だった。スイフトRSは逆境の中での投入となる。バート氏は「スイフトRSはこれまでよりもさらにスポーティーなスイフトを追い求めるドライバーにとり理想的な車であると確信している」と述べ、今後の売れ行きに自信を示した。
 
7/2/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23849

トラックバック一覧(0)