日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

07/10/2013 11:02 AM


 日産は2013年度、インドで前年度比2.7倍となる10万台の販売台数を目指す。販売業務で日産と提携するホバール・オートモーティブ・インディアのスニル・マダラ副社長(販売担当)が明らかにした。12年度の販売台数は約3万7,000台。

 ホバールは日産がインドで独占的に販売を委託する企業。販売、営業から代理店の新設、顧客管理、カスタマーサポートまでを一括して引き受けている。

 日産はさきごろ、小型ハッチバック「マイクラ(日本名・マーチ)」の新型モデルと、同車種の派生車種「マイクラ・アクティブ」を発表。マダラ氏は新車種について「月間2,000-2,500台の販売を目指したい」と語った。

 ガソリン車とディーゼル車の内訳では、現在30%程度にとどまるガソリン車の販売比率を40%まで引き上げる。

 販売店はフランチャイズ方式の店舗を現在、全国77都市で95店を展開するが、年度末までに100都市150店に広げる目標を掲げている。「大都市と地方の中核都市にはすでに販売網が広がっている」(マダラ氏)ことから、主に中都市に出店する計画だ。

7/8/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23872

トラックバック一覧(0)