日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/28/2013 09:57 AM


 カールスバーグのインド法人カールスバーグ・インディアはこのほど、ストロングビール「ツボルグ・ストロング」ブランドからフルーツ味のビール「ツボルグ・ブースター・ストロング」を一部の地域で発売した。

 同社によると、インドでフルーツ味のストロングビールが発売されるのは初めて。苦味を抑えてフルーツの風味を強調、飲みやすくしたのが特長で、若者や女性の需要取り込みを目指す。

 まずマハラシュトラ州ムンバイと西ベンガル州コルカタで先行発売した。今後1カ月間をかけて、ニューデリーやマハラシュトラ州プネ、同ナグプール、オリッサ州ブバネシュワール、アンドラプラデシュ州ハイデラバード、カルナタカ州バンガロールなど各主要都市で順次発売する。価格は500ミリリットル入りが105ルピー、650ルピー入りが135ルピー。

 スボド・マルワ取締役(営業担当)は新商品について「イノーベーションとストロングビールのラインアップ拡充に取り組み当社の戦略の一環」と説明した。

 インドのビール市場は年間20億米ドル規模。ストロングビールのシェアは85%と高く、ガールスバーグ・インディアは2年後に90%にまで達するとみている。

 メーカー別のシェアは地場のユナイテッド・ブリュワリーズ(UB)が50%で首位。2位は英SABミラーで26%、カールスバーグは7%で3位につけている。

6/24/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23794

トラックバック一覧(0)