日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/03/2013 10:19 PM

 米飲料大手コカ・コーラのインド法人コカ・コーラ・インディアはネットで受け付けた注文を顧客の自宅に配送するサービスを始める。

 日用品メーカーとしては国内では初の試みで、利用者の増加が続くネット通販を活用することで販売拡大を目指す。

 コカ・コーラ製品の製造・梱包・流通・販売などを手がけるヒンドゥスタン・コカ・コーラがこのほど、専用サイト「コーク・ツー・ホーム・ドット・コム(Coke2Home.com、http://www.coke2home.com/home.php)」を開設した。コカ・コーラがインドで販売するすべての商品が宅配の対象となる。現在はグジャラート州アーメダバードで試験的にサービスを実施している。

 ネット通販の普及に伴い、食品業界では過去1年間、ネットで商品を販売する動きが広がっているが、これまで飲料を含む大手日用品メーカーの動きは鈍かった。

 ヒンドゥスタン・コカ・コーラのT・クリシュナクマール最高経営責任者(CEO)は新サービスを開始する理由について「拡大するネット通販の利用者を取り込むことで売上増加につなげるとともに、消費者にコカ・コーラ製品を購入するための新たな選択肢を提供したい」と語った。

5/31/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23616

トラックバック一覧(0)