日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

06/08/2013 06:59 PM

 商用車大手マヒンドラ&マヒンドラ(M&M)はこのほど、小型ハッチバック「ベリト・バイブ」を発売した。

 同社が小型車を発売するのは初めて。年間販売台数が100万台に達している小型車市場で先行するマルチ・スズキなど他社を追いかける。

 ベリト・バイブはM&Mが現在販売する小型セダン「ベリト」の派生車種。ベリトの車体をベースに総額6億ルピーを投じて開発した。1.5リットルのディーゼルエンジンを搭載するモデルのみで、ガソリン車は無い。部品は80%でベリトと共通のものを使用している。

 M&Mは同社初の小型車について「外観はハッチバックだが、セダンと同等の機能と車内スペースを実現した」と説明している。

 販売価格は56万3,000-64万9,000ルピー。同社によると、マルチ・スズキの小型車「スイフト」より4万ルピー、ホンダの小型セダン「アメイズ」より15万2,000ルピーそれぞれ安いという。

 ベリトの月間販売台数は現在700-800台。M&Mはベリト・バイブでも当面の目標として同水準の販売を目指す方針。

6/6/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23660

トラックバック一覧(0)