日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/23/2013 06:49 PM

 家庭用インバーター発電機大手のルミナス・パワー・テクノロジーズ(ニューデリー)は、業務用バックアップ電源事業に参入する。

 国内で依然として不安定な電力需給が続いていることと、ディーゼル発電機の価格が上昇していることを受けて、需要を見込めると判断した。

 1,000ボルトアンペア(VA)以上の業務用インバーターバックアップ電源を複数種類発売し、主に北部の工場やホテル、ショッピングモールなどに売り込む。

 ディーゼル発電機を上回る性能を発揮する一方、環境への負荷は同製品より小さい点をPRする。価格は現段階で未定だが、ディーゼル発電機を下回る水準に設定する。

 ルミナスはバックアップ電源やバッテリー、太陽光パネルなどの製品を販売。大都市だけでなく、地方の中核都市やそのほかの地方都市にも広く浸透しており、国内のインバーターバックアップ電源とバッテリー市場では60%のシェアを押さえている。

 マニシュ・パント社長は「業務用バックアップ電源の投入で国内の電力の需給ギャップの縮小に貢献したい」と語った。

5/21/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23546

トラックバック一覧(0)