日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/14/2013 10:47 PM

 インド自動車工業会(SIAM)が発表した4月の二輪車の国内販売統計によると、ホンダのインド二輪子会社ホンダ・モーターサイクル・アンド・スクーターズ・インディア(HMSI)の販売台数は前年同月比48.76%増の11万5,536台と大幅に伸びた。

 昨年4月の販売台数は7万7,665台だった。

 一方、販売台数で世界最大手のヒーロー・モトコープは12.5%減の43万2,657台で1割以上の落ち込みとなった。バジャジ・オートは0.19%減の19万9,838台でほぼ前年並みとなり、HMSIの好調ぶりが際立つ結果となった。

 HMSIの2012年度の国内販売台数は前年度比53.77%増の118万6,726台。ヒーローは4.72%減の536万2,730台、バジャジも4%減の246万3,863台で、昨年度の「躍進するHMSI、伸び悩むヒーローとバジャジ」という構図が今年度に入ってからも続いていることを裏付けた。

 部門別でもヒーローが強みを持つ排気量75-110cc未満のセグメントで、HMSIの4月の販売台数は3万2,982台となり、前年同月比で4倍に増加した。バジャジも32.65%増の11万8,809台と大きく伸びた一方、ヒーローの同セグメントでの4月の販売台数は15.2%減の35万5,460台となり、上位3社の中でヒーローの「一人負け」となった。

5/12/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23480

トラックバック一覧(0)