日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/08/2013 08:58 AM

 インド電気通信管理局(TRAI)は、2月末時点の携帯電話の利用状況に関する統計を公表した。

 全国の契約件数は合計8億6,166万件で世界で2番目に多かったが、1月末時点の8億6,260万件と比べて0.11%(約94万件)減少した。

 州別では最も人口の多いウッタルプラデシュ州が1億2,160万件でほかの州を大きく引き離して最多となった。次いでタミルナド州(7,181万件)、マハラシュトラ州(6,773万件)、アンドラプラデシュ州(6,412万件)、ビハール州(6,073万件)が続いている。上位5つの州の契約件数は合計3億6,600万件となり、全体の45%を占めた。

 6位以下はカルナタカ州が5,245万件、マディヤプラデシュ州が5,143万件、グジャラート州が5,123万件、ラジャスタン州が4,783万件となっている。 

 固定回線も含めた2月末時点の電話サービスの契約件数は8億9,200万件で、1月末時点の8億9,310万件から約0.12%(約110万件)減少した。携帯・固定を合わせた電話サービス加入件数のこれまでの最高は12年1月の9億6,550万件。

5/5/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23426

トラックバック一覧(0)