日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/06/2013 06:01 PM

 駐車場関連サービスを提供するユーパーク(uPark、タミルナド州チェンナイ)は自社のウェブサイト上から利用者が外出する前に目的地の駐車スペースを予約できるサービスを展開している。

 インドでは現在、1億3,000万台の車両が走行しており、その数は毎年270万台のペースで増加しており、駐車場不足が深刻な問題となっている。IBMが2011年に世界主要20都市を対象に行った駐車場の整備状況に関する調査では、首都ニューデリーとカルナタカ州バンガロールが最下位に選ばれている。

 インドの大型商業施設などでは十分な来店客用に駐車スペースを確保していないところも多く、ユーパークはこのことを理由にこうした場所に行くのを控える消費者が多数存在することに目を付けた。

 具体的には自宅のパソコンや携帯電話などからユーパークのサイトにアクセスし、これから向かうショッピングモールの空いている駐車スペースを予約することができる。予約1回につき300ルピーの料金がかかるが、これまでのところ利用者からは「常に最適なスペースに駐車できる」「有料でも路上駐車で警察に摘発されるよりまし」と好評を博している。

5/4/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23403

トラックバック一覧(0)