日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

05/23/2013 06:51 PM

 ドイツの郵便・物流大手ドイツポスト傘下のDHLサプライ・チェーンは、首都デリーのルハリ地区に建設した新たな物流センターを開設した。

 総投資額は6億5,000万ルピー。

 センター内のスペースは契約を通じて複数の企業に提供する。主に消費者向け製品を製造するメーカーや小売業、自動車メーカーなどからの需要を想定しており、すでに米日用品大手のプロクター&ギャンブル(P&G)との間で契約を締結した。

 広さは約3万平方メートルだが、近い将来、約5万6,000平方メートルに拡張する計画。

 DHLサプライ・チェーンはインド国内の物流の増加を受け、同国市場を重視。合計68億5,000万ルピーを投じて物流インフラの整備を進める方針を表明していた。

 21日に開設したセンターに先駆け、マハラシュトラ州タネ地区ビワンディで物流センターを稼動させたほか、今後は年内にカルナタカ州バンガロールやグジャラート州アーメダバード、タミルナド州チェンナイでも同様の拠点を設立する計画を立てている。

5/21/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23547

トラックバック一覧(0)