日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

04/03/2013 07:13 PM

 インディア・ポストは全国13万カ所の郵便局に太陽光発電システムを導入する。

 各郵便局に太陽光パネルを設置し、停電が発生した場合に局内のコンピューターシステムのバックアップ電源として活用する計画。

 これら13万カ所の郵便局はコンピューターネットワークで結ばれている。国内には計15万5,000局の郵便局があり、国は残りの2万5,000局についてもネットワークへの結合を進める方針だ。

 インディア・ポストはまた、アンドラプラデシュ州ハイデラバードに国内で4番目となる、集荷された郵便物を自動的に処理するための施設を数週間後をめどに開設する計画。場所はラジブ・ガンジー国際空港近郊で、事業費は6億ルピー。1時間当たり3万通を処理することが可能な設備を設置し、投函から配達までの時間を短縮し顧客の利便性向上を図る。

4/1/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23228

トラックバック一覧(0)