日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

04/25/2013 09:03 PM

 キヤノンのインド法人キヤノン・インディアは2015年までに同社の専門店「キヤノン・イメージ・スクエア」を300店に増強する。

 現在は全国50都市で100店を展開する。新規出店に合わせ新たに100都市に進出。同店の年間売上高を今年の予想17億2,000万ルピーから同年までに34億ルピーと現在の水準のほぼ倍に引き上げる。

 13年の同社全体の売上高については、前年(185億ルピー)から約15%増となる212億5,000万ルピーを目指す。

 キヤノンは現在、インド国内のデジタル一眼レフカメラ市場で40%、コンパクトデジタルカメラ市場で20%のシェアを握る。今年は両市場でそれぞれ5%の上乗せを目指す方針。これに向けて、10億ルピーの宣伝広告費を投じ、知名度やブランドイメージの向上を図る。

4/23/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23389

トラックバック一覧(0)