日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/28/2013 09:59 PM

 複合映画館チェーン国内最大手のPVRは地方都市で小規模映画館の本格的な運営に乗り出す。

 小都市でも近年、映画人気が高まっており、2014年末をめどに約100スクリーンの開設を目指す。

 PVRが展開する小規模映画館「PVR(Talkies)」は広さ50-60平方フィート(約4.65-5.57平方メートル)。同社が現在運営する複合映画施設の面積3万-4万平方フィート(約2,800-3,700平方メートル)を大幅に下回る。

  地方でも映画人口は増えているが、複合映画館に対する当局の規制が厳しかったり、テナントとして入居する大型商業施設が無い都市も多いことから、規模の小さな映画館の開設を決めた。

 昨年にマハラシュトラ州のナンデド、アウランガバード、ラトゥールなどで試験的に開設しているが、今後は本格的に展開する。

 PVRは先ごろ、同業大手シネマックスを54億3,000万ルピーで買収。これにより、PVRが傘下に持つ映画館は全国16の州で85館(351スクリーン)に増えた。

 年内は75館を新たに開業する計画で、15年までに500スクリーンを目指す。進出する都市も40都市と現在の倍に増やす計画だ。

3/25/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23187

トラックバック一覧(0)