日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/28/2013 10:00 PM

 女性用バッグやアクセサリーなどを手がけるイタリアの高級ファッションブランド、フルラがインド市場に本格参入する。

 海外ブランド品の販売・マーケティングを手掛けるジェネシス・ラグジュアリー・ファッション(本社・ニューデリー)と合弁会社を設立して店舗を展開する計画で、現在外国投資促進委員会(FIPB)に許可申請を提出している。

 フルラは1927年の創業。主に女性用の高級バッグや靴、アクセサリーなどを販売する。世界71カ国で単独店舗を320店を展開するほか、百貨店などのテナントとして1,200店舗を運営する。年間売上高1億7,300万ユーロ(約120億ルピー)のうちイタリア以外の海外市場が占める割合は76%と、約4分の3に達している。

 現在はジェネシスとの契約に基づき、同社を通じてフランチャイズ店2店を運営しているが、FIPBから計画への承認が下りた場合、両店舗とも直営店に転換する。合弁会社の出資比率はフルラが51%、ジェネシスが49%になる見通し。 

 フルラとジェネシスは全国各地での店舗展開に向け、4年間で1億3,000万ルピーを投じる計画。フルラはこのうち6,600万ルピーを負担する。

 フルラが販売する商品は原材料の調達から製造まですべてイタリア国内で手がけている。インド政府は単一ブランドを展開する外資系小売企業の出資比率が51%を超える場合、販売する製品の30%以上を地場の中小企業から調達することを義務付けている。ジェネシスとの合弁会社へのフルラの出資比率は51%となる見通しであることから、仮に参入許可が下りた場合でも同社は同条項の対象外となる。

3/27/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23191

トラックバック一覧(0)