日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/26/2013 09:26 PM

  トヨタ・キルロスカ・モーター(TKM)は現在、若年層市場の開拓に取り組んでいる。

 その一環として、先ごろ2月23-3月10日の日程で開催された大学生のクリケット大会「大学クリケット選手権大会2013」の冠スポンサーを務めた。

 サンディープ・シン社長兼最高執行責任者(COO)は「インド市場での成功に若年層の需要取り込みは不可欠」と表明。その上で若い世代への訴求力を高めるにはクリケットは最良の選択肢」と指摘した。同大会のスポンサーを務めた理由については「若年層との結び付きを強めるのに最高の舞台と判断した」と説明した。

 同氏によると、プロリーグのインディアン・プレミア・リーグ(IPL)ほど絶大な効果はなかったものの「出場した選手や応援に駆けつけた観客のトヨタ車に対するイメージを向上させる上で大きな効果があった」という。

 地域別では大都市に加え、地方の中核都市やそのほかの中小都市でも販売台数の増加に向けた取り組みを強化している。地方の若者の間で自動車の購入に対する関心が高まっているほか、経済成長が波及したことで所得水準が上がったことが背景となっている。

3/24/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23173

トラックバック一覧(0)