日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/25/2013 06:26 PM

  インドで自分の財産は自分で管理したいという若い女性が増加している。

 米国の金融サービス大手アメリプライズ・ファイナンシャル(ミネソタ州)の調査によるもの。今でも夫が一家の収入の使い道を決める家庭が多数を占めるインドで、新たな兆候が生まれつつある実態が浮かび上がった。

 同社のインド法人アメリプライズ・インディアによると、未婚のインド人女性は自分の資産に関して「他人からの干渉を受けず、自分で管理したい」という意識が非常に強く、同社は「こうした女性は将来結婚して家庭を持った場合でも、一家の財布を握ろうとする傾向が強い」と分析している。

 同社は昨年、国内最初の拠点をハリヤナ州グルガオンに設置した。続いてマハラシュトラ州ムンバイにも進出。先日にはマハラシュトラ州プネとカルナタカ州バンガロールでも業務を開始している。

 詳細は明らかにしていないものの、アメリプライズ・インディアでは、「初年度の事業目標をわずか100日間で達成した」(ビマル・ガンディー会長)としている。

3/22/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23156

トラックバック一覧(0)