日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/01/2013 12:08 AM

 三菱電機は1日、インド販売子会社である三菱電機インディア(ハリヤナ州グルガオン)のプネオフィス内にファクトリーオートメーション(FA)開発センターを開設する。

 FA市場は現在、世界規模での拡大が続いており、インドでも自動車や繊維、製薬、食品など基幹産業を中心に高成長を遂げている。

 三菱電機は販売子会社内に開発拠点を設けることで営業部門と連携してインド市場のニーズを把握し、シーケンサーや表示器などの開発に取り組む方針。

 また、同社が独デュッセルドルフ、米マサチューセッツ州ボストン、同イリノイ州シカゴ、中国・遼寧省大連に持つ開発拠点との連携を通じて世界市場向けの技術開発を推進する。

 三菱電機インディアによると、国内のFA市場は25億ルピー規模。同社では今後同市場が現在の3倍の規模に拡大すると予測しており、2015年度をめどにシェア15%の獲得を目指す方針だ。

2/27/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23000

トラックバック一覧(0)