日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

03/21/2013 11:11 PM

 首都デリー市民の2012年度の1人当たりの平均収入は20万1,083ルピー(物価変動による影響を除く)で、前年度比で16%増加する見通しとなった。

 全国平均の3倍で、地域別では2番目に高い。シェイラ・ディクシト・デリー州首相が19日に地元議会に提出した報告書によるもの。 

 12年度の平均所得は11年度の17万3,686ルピーから2万7,397ルピーの増加となる。全国の平均は6万1,564ルピー。

 ディクシト氏は平均所得が大きく伸びた要因について「雇用状況の改善が反映された結果」との見方を示した。デリーの12年度の域内

  総生産は推定3兆6,572億6,000万ルピーで、前年度比で17.70%増となった。

 一方、デリーが抱える負債総額は10年度の3,014億ルピーから12年度は2,830億8,000万ルピーに減少した。

 11年3月時点のデリーの人口は1,675万3,000人。01-11年の人口増加率は20.96%で、91-01年の47%から大幅に鈍化した。11年の1キロ平方メートル当たりの人口密度は1万1,297人となり、01年の9,340人から20.95%増加した。

 住民の識字率は11年の段階で86.34%。01年の81.67%から4.67ポイント上昇した。

 11年の人口1,000人当たりの出生数は20.98人。01年の21.3人からわずかながら減少した。

3/19/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/23136

トラックバック一覧(0)