日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/26/2013 11:56 AM


 通信・情報技術(IT)省のJ・サチャナラヤンIT次官は21日、「2013年はエレクトロニクス業界で新たな工場を設置する動きが活発になることに期待したい」との考えを明らかにした。

 政府は業界の設備投資を支援するため、電子システムの製造や設計を手がける企業を対象に、第12次5カ年計画(2012年4月-17年3月)期間中に総額1,000億ルピーの補助金を拠出する計画。

 特別経済区(SEZ)内に生産拠点を設置する企業を対象に投資額の最大20%を負担するほか、SEZ以外の地域に設置する企業には最大25%を拠出する。

 カピル・シバル通信・情報技術相は先ごろ日本を訪問し、日本企業に対しインドのエレクトロニクス業界への投資拡大を訴えた。サチャナラヤン氏によると、シバル氏に対し多くの日本企業がインド進出に関心を示したという。

2/21/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22971

トラックバック一覧(0)