日本語で読めるインドニュース 『インド新聞』

02/12/2013 12:07 AM

 ハリヤナ州グルガオンで日系レンタルオフィス「クロスコープ・デリー」を運営するクロスコープ・インディアは、インド市場調査・リサーチの専門家であるインフォブリッジ・ホールディングス・グループと共同で、調査パッケージの提供を開始する。

 同パッケージは、企業の担当者がインドに数か月滞在してインド進出の意思決定をするための材料を整理する研修プログラム「インド進出に向けた市場調査/フィージビリティスタディパッケージ」(FS調査パッケージ)。日系企業にとりインド進出の障壁となる、インドの外資規制や複雑な税制度、特有の商習慣などのへの理解を深めるだけでなく、インド駐在員の育成も前提とした研修も行われる。基本料金は1社100万円からとなっており、各種問い合わせはインフォブリッジのホームページより受け付けている。

 「クロスコープ・デリー」には日本人および日本語対応可能なスタッフが常駐し、インド進出に必要な事前調査から事業戦略立案、進出時の各種サポートサービスまで、日系企業が進出するにあたって必要なサービスを統合的に提供するインキュベーションオフィスとなっている。

2/11/2013


この記事へのトラックバックURL:

http://indonews.jp/mt/mt-tb.cgi/22869

トラックバック一覧(0)